大山崎町は京都府南部の大阪府との県境に位置し、淀川と天王山の山裾が迫る極めて狭小な地域です。この土地は旗竿敷地。街道から少し奥まった位置にこの建物は建っています。クライアントからの要望は、太陽光発電パネルがめいいっぱい載せる事ができる屋根を持つこと。1階は木目を感じないモダンな白い空間をつくること。温熱環境やメンテナンスに配慮した建物であること。まず太陽光パネルを多く載せるため、総2階建て、かつ、軒先を大きく跳ね出した上で屋根面を日当たりの良い東南側に向け、一番発電効率が良い2寸勾配を持った片流れの屋根としています。外壁は、黒色の砂状左官仕上塗材、黒色に塗装されたヒノキ板張り、グレー色のボーダータイル張りで作られ、歴史ある街道沿いの町並みに配慮しながら和モダンな雰囲気を作り出している。内部空間は、白壁とステンレス製のオープンキッチン、淡いグリーンがワンポイントとなっているシースルー階段で構成されたスタイリッシュな空間である1階と、麦わらを圧縮圧着しボード状に成形された「ハーベストパネル」と杉板フローリングといった自然素材で構成された優しさを感じる2階で計画しています。
Back to Top