住宅や事務所など混在する地域に、中庭を挟み込むように建てられた和モダンの二世帯住宅です。
シラスそとん左官壁やピーラー板外壁・軒裏、大谷石の土間、和紙貼りの内装、雪見窓など和を感じる素材や要素を用いながら和の趣を感じられる建物となっています。吹抜けや勾配天井などを採用し各居室の天井を非常に高く作り、また中庭に向けて大開口サッシと床と同一レベルのウッドデッキテラスとするなど、平面的にも断面的にも非常に開放感と広がりを感じ取れる間取りとなっています。
大人数でのバーベキューも難なく楽しむことができる広い中庭が、両世帯の生活をほどよい距離を保ちながらもつなげている一方で、建物の裏側には、縁甲板と御影石であしらわれた浴室と信楽焼の壺湯から高級旅館のような雰囲気の中で季節の木々が楽しみながら入浴できるリラックスできる非日常空間も確保しております。
Back to Top